2014年10月13日月曜日

誰得レポート / さらば青春の「Kiss You」"タイプB"


→ このエントリーは前回の続きです。
  まだの方はこちらのエントリーからお読みください。




さて前回に引き続き、早速始めるポコ!
今回は前置きは無しだポコ!!






まずはこちら。
「RHYTHM RED TMN TOUR」の全日程を見ておきましょう。


――――――――― (1990年) ―――――――――

12月10日 新潟県民会館
12月11日 新潟県民会館
12月13日 石川厚生年金会館
12月14日 石川厚生年金会館
12月19日 名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月20日 名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月22日 名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月23日 名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月25日 北海道厚生年金会館
12月26日 北海道厚生年金会館

――――――――― (1991年) ―――――――――

1月6日   鹿児島市民文化ホール
1月7日   鹿児島市民文化ホール
1月9日   福岡サンパレス
1月10日 福岡サンパレス
1月12日 福岡サンパレス
1月13日 福岡サンパレス
1月17日 メルパルクホール広島
1月18日 メルパルクホール広島
1月24日 メルパルクホール広島
1月26日 愛媛県民文化会館(唯一の一回公演)
1月28日 倉敷市民会館
1月29日 倉敷市民会館

2月2日   郡山市民文化センター
2月3日   郡山市民文化センター
2月8日   神戸文化ホール
2月9日   神戸文化ホール
2月16日 青森市文化会館
2月17日 青森市文化会館
2月19日 仙台市泉文化創造センター(唯一、二階席の無いホール)
2月20日 仙台市泉文化創造センター
2月22日 仙台市泉文化創造センター
2月23日 仙台市泉文化創造センター

―――――  (これ以降、アリーナツアー) ―――――

2月27日 大阪城ホール
2月28日 大阪城ホール

3月6日   国立代々木競技場 第一体育館
3月7日   国立代々木競技場 第一体育館
3月9日   国立代々木競技場 第一体育館
3月10日 国立代々木競技場 第一体育館
3月12日 名古屋市総合体育館 レインボーホール
3月13日 名古屋市総合体育館 レインボーホール




こうやって見てみると、このツアー、
なんでこんなに 名古屋が多い(6回)んでしょうね?

逆に東京じゃホールツアー無し。
きっとこれが ピュア・デカダンス ってことなんでしょうね(てきとー)









♫~ ”タイプ” と "バージョン" の違い(あくまで当エントリーでの定義付けです)


まず「RHYTHM RED TMN TOUR」は他のツアーと違い、
コンピューターの打ち込みが入らない、全編ほぼ生演奏のため、
尺の変更など、厳密に言うと毎日違う演奏となります。


   このツアーで打ち込みが使われたのは、次の4曲のみ

    ・「Rhythm Red Beat Black」
    ・「Good Morning Yesterday」(バラード部分のみ)
    ・「The Point of Lovers' Night」
    ・「Rhythm Red Beat Black -version 2.0-」(アリーナツアーのみ演奏)


ただこの場合も『パーカッション + ちょっとしたピコピコ音』程度で、
他のツアーでいうところの “打ち込み” とはニュアンスが異なります。
この程度なら通常のギターバンドでも、
1・2曲、テープなどを使用して演奏することがあるでしょう。


その中で、2月27日/大阪から始まるアリーナツアーでセットリストに加わった、
「Rhythm Red Beat Black -version 2.0-」(注)だけは
『いつものTM(TM NETWORK)』風 の打ち込みであり、
時期的に考えても、すでに RHYTHM RED の季節が終わりを告げていることがうかがえます。
テレビCMで「WE LOVE THE EARTH」が流れはじめたのも、この頃です。

  (注)当初は「Rhythm Red Beat Black」と差替えの予定でしたが
     結局「-version 2.0-」はアンコールにまわり、
     一公演で同一曲のバージョン違いが演奏されるという珍しい形となりました。
     また、アリーナツアー用に「Just One Victory」も検討されていた様ですが、
     こちらは実現しませんでした。





また、ツアー前期バージョン・後期バージョンと言える様な
はっきりと編曲が違うものも、かなりあります。
例えば「GET WILD」は、同じく 2月27日/大阪公演から、
エンディングのアレンジが変更になりました。

これは現在でも
CD「TMN GROOVE GEAR」(変更前)
DVD「RHYTHM RED LIVE WORLD'S END」(変更後)
で、それぞれ確認することができます。





しかしこのエントリーで言う ”タイプB” とは、それらの
"バージョン" とは違い、
変更時点から次の変更まで一貫して継続されるものではなく、
今日は”タイプB”  明日は”タイプA”  明後日はまた”タイプB” というように
その日の気分で自由に『選択』できるもの を指します。
(あくまで当エントリーでの定義付けです)







------------------------------------








[では「RHYTHM RED TMN TOUR」における
「KISS YOU」”タイプB” とはなにか?]


残念ながら、これはポコ太の夢見た様な編曲違いではなく、
演出の違い だったようです。


曲の途中で一旦ブレイクし始まる、ダンサー林選との怪しげな絡み。
これを林選の代わりに、宇都宮隆がその場で選んだ
客席の女の子をステージに上げてやるという
なんとも破廉恥… いや、チャレンジングな企画でした。

これは「KISS YOU」”タイプA”





























以下、藤井徹貫氏によるツアードキュメント本、
「TMN "RHYTHM RED" TOUR DOCUMENT」から
該当部分を参考に、ポコ太が再構築してお届けします。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





ツアーもようやく軌道に乗った、
12月23日/名古屋公演4日目
この日、本番前の楽屋で宇都宮隆が「KISS YOU」”タイプB” を提案します。

以前のエントリーで書いた(ポコ太が踊らされた)宇都宮隆の発言は、
あの時点では、どうやらダンサー内での内輪話だった模様。
そのためバンドメンバーはその内容を、この日初めて知らされたようです。



結局、ノリの良さそうな女の子が見つかったら ”タイプB” 決行(←ナンパかよ!)
ということになり、
その判断は宇都宮隆に一任 されます。

この宇都宮隆の提案時、メイクのため別室にいた葛城哲哉にいたっては、
その内容を知らないまま、この日のステージに上がることとなりました。



そして運命の 12月23日/名古屋国際会議場 センチュリーホール 公演がスタートします。








♫~♫~♫~


しかし結論から言って、結局この「KISS YOU」 ”タイプB” は行われませんでした。
どうもこの日の本番、特に「KISS YOU」周辺では
トラブル続出 だったようなのです。




前曲「Come On Everybody」間奏後、宇都宮隆のヘッドセットマイクが不調。

→ ヘッドセットマイク交換の為、袖にはける
→ しかし本番中、簡単に外れてしまったツアー初日の反省で、
  外れてにくく取り付け方法を改良していたのが仇となり、交換に手間取る。

→ 宇都宮隆の帰還を待たず「KISS YOU」スタート。
  小室哲哉、冒頭のサンプリング演奏を長めに取り時間を稼ごうとするが、
  ダンサー陣は いつものタイミングで踊り始めてしまう。

→ 宇都宮隆、なんとかステージに戻ってくるが、ヘッドセットマイクがまたも不調。
→ 結局、ハンドマイク(注)に変更。そのためダンスに制限が出来、
  いつもとは違う振付けに。


→ 演奏カットアウト





           ここからが ”タイプB” との分かれ道。





→ しかし宇都宮隆が、
   ノリの良さそうな娘を探すために 客席を見ていたため
 ( ↑ ナンパかよ!) 合図を出すのが遅れ、ステージ上に戸惑いが生まれる。


→ 前述のマイク変更のせいで、いつもと振付けのタイミングが違っていたこともあり
  ダンサー林選は ”タイプB” 決行と判断。

  通常(”タイプA”)なら次へのキッカケとなる、
   宇都宮隆との絡みを始めようとしない。


→ 全員がこう着状態となり、妙な間が生まれる。
→ 宇都宮が声に出してカウントすることにより、再スタート。


  (注)ドキュメント本には『スタンドマイクに変更』と書かれていますが、
     普通に考えて、ハンドマイクに変更したと思われます。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





いかがでしょう?
ポコ太、コレを書いてて全身から変な汗がにじみ出てきました。
バンドに限らず、舞台に上がったことのある方なら、
この 何ともいえない恐怖感、イヤというほど味わったと思います。
ポコ太もいまだに
『台本が全く頭に入っていないのに、本番のベルが鳴る』という悪夢を見ます。





前エントリーでも紹介した、
タクタウさんの教えてくださった
 ”いつもと様子が違う演奏”とは、
編曲違いではなく、単にガタガタになってしまった演奏をなんとかしようと
みんなで足掻いた結果だったようです。









♫~ あなたが消えてしまったら、私の存在はどうなってしまうの?


結局その後、このドキュメント本に
「KISS YOU」"タイプB" のことは 欠片も出てきません。
また他の資料をあたっても、他の会場で行われたという情報は得られませんでした。


おまけにその内容から考えて、
客席と舞台の距離が遠いアリーナクラスでは、まず無理な演出であり、
よって大阪城ホール・代々木体育館・名古屋レインボーホールの
計8公演で行われた可能性は無いでしょう。




つまり「RHYTHM RED TMN TOUR」における「KISS YOU」”タイプB” とは
企画はされたものの、
決行直前で回避された 幻の存在 だったのでした。


"タイプB” が存在しない以上、”タイプA” も存在しえません。
結局「RHYTHM RED TMN TOUR」における「KISS YOU」は、
細かな演奏違いはあれど、基本アレンジは1種類しかなかったということです。






こちらに書いた様にポコ太にとって「KISS YOU」"タイプB” は
この四半世紀近く、まるで王子様にまたがった白馬…じゃなくて、
白馬にまたがった王子様のように思い焦がれていたのですが、
それも今日でおしまい。

少女はまた一つ大人になったのでした。(比喩的表現)
































                ・・・・・








  ってナニ、ちょっといい話っぽくなってんだよ!
     話はここで終わりじゃないぞ!!









------------------------------------








["タイプB” フェチのあなたに送る、すべての光!]



さて、この「RHYTHM RED TMN TOUR」
 別の曲になら "タイプB” が存在しました。
「All-Right All-Night」がそれです。



DVD「RHYTHM RED LIVE WORLD'S END II」に収録されているものを "タイプA” とすると
"タイプB” は曲の最終盤、客席も含めてのコーラス部分が終わり、
リズムが戻ってきて以降、倍テン(倍のテンポ)となります。

元のテンポ自体が決して遅い曲ではないので、
倍のテンポとなると 凄まじい状態 です。



『なんだ、最後が違うだけか』とお思いでしょうが、
ここからの尺は全く決まっていません。
理由は次に述べますが、エンディングと言いつつ倍テンになってから
4分以上(!)演奏が続くこともあり、
もはや それだけで1曲分 なわけです。

さらに一旦曲を完全に終了しつつ、そこから再度スタート!
なんていうことすらありました。









♫~♫~♫~


この "タイプB” は全40公演中、16回演奏されました。
なので、そんなにレアな話では無いのですが、
先のドキュメント本には一切触れられていません。

では、なぜ『16回演奏された』と具体的に言えるかと言うと、
この "タイプB” には明確な役割があったからです。



その役割とは小室哲哉がショルダーキーボードを抱えて
『やんちゃ』をするとき のバックミュージック。

つまりショルダーキーボードの破壊がある日は "タイプB” が演奏されました。
そのショルダーキーボードの破壊が16回だったので
「All-Right All-Night」"タイプB” も16回というわけです。


『先生、あなたはか弱き大人の代弁者なのか?!』哲哉は荒れた。


























































16回中、ポコ太が確認出来たのが次の10公演です。
他の6回分をご存知の方は、お知らせください。




    ――――――――― (1990年) ―――――――――

    12月23日 名古屋国際会議場 センチュリーホール(この日からスタート!)
    12月26日 北海道厚生年金会館

    ――――――――― (1991年) ―――――――――

    1月13日 福岡サンパレス
    1月17日 メルパルクホール広島
    1月26日 愛媛県民文化会館(会場壁の大理石を叩き壊し始末書

    2月3日   郡山市民文化センター(EOSまで破壊)
    2月27日 大阪城ホール
    2月28日 大阪城ホール

    3月10日 国立代々木競技場 第一体育館
    3月13日 名古屋市総合体育館 レインボーホール




こうしてみると、1月26日が一際まぶしく 光ってますな。
一応、同年冬のEXPOツアーでも同会場でLiveをしているので
出禁はまぬがれた様です(汗)









♫~♫~♫~


しかしこれ、ご想像の通りドラマーの
阿部薫一人に相当な負担がかかります。


この企画が始まった12月23日の名古屋公演では、
この曲が本編ラストだったため、
まだ、後先考えずやり切ることができたのですが、
問題は年を越した1月以降。

本編ラストが「TIME TO COUNT DOWN」に変更になり、
この2曲が続く ことになります。
よって阿部薫はこの無茶苦茶なテンポのドラムを叩いた後、
間をおかず「TIME TO COUNT DOWN」を叩かないといけないのです!





先に述べた通り、この倍テン部分の尺は決まっておらず、
本番のノリ次第、つまり小室哲哉のノリ次第となっていました。

「All-Right All-Night」途中で、
小室哲哉がショルダーキーボードを抱えると、"タイプB” の合図です。

当時のTVインタビューで、この演出を ストレス解消 と称し、
『(破壊するショルダーキーボードは)自腹でやっているんだから、
 スッキリするまでやらせてもらう』と語っていた小室哲哉ですが、
付き合わされる阿部薫はたまったものではありません。

小室哲哉はその様子を『般若のような形相で叩いている』と笑っていましたが、






    当・た・り・前・だ・!







TMNは阿部薫に対し
『"タイプB” 手当』を支給するべきとポコ太は考えます!

ツアー最終日 1991年3月13日 名古屋公演
かっこよく見えますがギターはびくともせず、結局、葛城哲哉自身がギターを叩き付け破壊したそう。







------------------------------------








いかがでしたか?
ポコ太にとっては悲しい結末ではありましたが、
23年間抱えてきたモヤモヤが、
今になって解決したことは素直に嬉しいです。

こんなの気になってたやつなんて、俺だけだろうけどよ。・゜・(ノД`)・゜・。




最後になりましたが、情報を寄せていただいた
タクタウさん
さとしさん
並びに匿名の方々には、あらためて感謝いたします。


せっかくですので、ライーダ☆ポイントを…
え、いらない?…ほんとに?…

あ、そうですか…。




んじゃ、また!








2014年10月12日日曜日

Thank you FANKS / ポコ太は救われた!

こんにちは
地獄帰りの男、ポコ太です。

前回から間が来ましたが、決してサボっていたわけではありません。
むしろ今まで以上にTM漬けの日々でした。

その証に今回は2月以来の
二夜連続更新とさせていただきます。






いやまさにそれは地獄でした
名付けて『RHYTHM RED TOUR 地獄』です。

『なにその RHYTHM RED TOUR 地獄って? 楽しそう ♪─(≧∇≦)─♪』と思ったあなた。







     馬鹿野郎ー!死にたいのかっ!?







『命を粗末にする愚か者。ふふふ…あなた、まだ子供ですね』
とクイーン・エメラルダス様から、ありがたい御言葉を賜るに至って
この重箱Blogも、ついに宇宙規模かと感慨深いポコ太です。



…えーっと、いつも以上にワケのわからない話になっていますが、
羽目を外して大先生に目を付けられないうちに本題に入ります。








今回の趣旨は一言で申しまして、皆様への感謝 であります。

2014年6月にエントリーした救済企画 / お願い、ポコ太を助けて!に対しては、
本当に多くの方々から情報や励まし(?)をいただき
誠にありがとうございました。

今回は皆様から頂いた種々の情報のまとめであります。



え? ただそれだけのことなのに、何でこんなに時間がかかったのかって?
ふふふ、あなたも覗いてみますか? 地獄の釜の中を…。

というわけで、今回のエントリーは以前のエントリーと対になっています。
まだの方はコチラからお読みください。






というわけで早速スタート!
まずはこの件。






---------------------------------------







[「1987年12月7日 Kiss Japan Tour 宮崎公演」にて
 アコースティックピアノの音は鳴り響いたのか?]



コメント欄より GAUZE さんから
当時、八曜社から発行された「Kiss Japan Tour Memorial」に
その旨、記載があるとの情報をいただきました。


































この本、ポコ太は実家に置いたままになっていて、すぐには確認できなかったのですが、
夏に帰省した際、持ち帰ってきました。
確認したところ、確かに GAUZE さんのおっしゃるように書かれています。




























御覧のとおり、ステージの大きさの問題から
アコースティックピアノは使えなかったようです。

また『念入りにチェックを行なう』とあることから、
やはり通常とは違う形式で行われたことがうかがえます。



しかし残念ながら、この短い文章から読み取れるのはここまで。
実際にどういう手段でこの事態を乗り切ったのかは分かりません。

もしこの「1987年12月7日 Kiss Japan Tour 宮崎公演」を
実際にご覧になった方がいらっしゃいましたら
是非、お教え下さい。





今回情報をいただいた GAUZE さんには、感謝の気持ちを込めて
『4.5☆ライーダ』を差し上げます。









『5☆ライーダ』集めると音が盗まれます。
がんばってください。







---------------------------------------







[「1989年7月17日 CAROL TOUR 鹿児島公演 2日目」にて
 TM史上・唯一の、ウインドシンセ演奏が披露された?]



前回行った問いかけのうち、一番無理筋な問いかけであり、
正直に言って、先のエントリーを書いた時は、
『これは迷宮入りだろうなぁ』と思っていたのですが、
なんとコメント欄に
「1989年7月17日 CAROL TOUR 鹿児島公演 2日目」に行かれたという
そのものズバリの方 が名乗り出てくださいました。



実際にこの鹿児島2日目の公演を御覧になった yasuto さんによると、
「確かに木根尚登が笛のような形の楽器を吹いていた」とのこと。
さらに後日、地元の十字屋にてその笛のような楽器が、
WX7だったことを確認をされたそうです。(スゴイ!)























まさかここまでドンピシャな情報をいただけるとは、ポコ太感激です!
yasuto さん、本当にありがとうございました。






また、yasuto さんは日付けだけでなく、
鹿児島公演2日目が月曜日だったということも憶えてらっしゃいました。
こちらで確認したところ、確かに1989年7月17日は月曜日でした。

この話から『2日間の連日公演が日曜日と月曜日』という珍しい曜日設定に興味が湧き
他の公演日も調べてみたのですが、
宇都宮隆の怪我による、延期・代替公演となった6月以降は、
どこも曜日に限らず、公演スケジュールが無茶苦茶 です。
やはり突然の大量延期後、なんとか埋め合わせで会場を押さえた事が伺えます。



例えば

・新潟県民会館 3月30・31日の予定が → 6月12日・29日
・大阪フェスティバルホール 4月11・12日の予定が → 6月19日・8月8日

など、元の予定なら一度セットを組めば済んだ連日公演が
モノの見事にバラバラになってしまっています。

そのたびにセットをバラし、別会場へ運搬・設営
(上の例なら 新潟→大阪→新潟)する手間などを考えると
その労力、及び諸経費は
当初の目論見を大きく外れた ものとなったことは想像に難くありません。





また我々は「CAROL TOUR」を『88年12月~89年8月』と一括してとらえがちですが
5月2日の長崎公演から6月12日の新潟公演の間は1ヶ月以上空いており、
また、6月は3公演しかありません

この間、メンバー・スタッフ共、
テンションを保つのは本当に大変 だったと思います。








さて、一番の難問だと思われたこのWX7問題。
yasuto さんのおかげで、あっさりと解決したようにも思えますが、
ポコ太個人としては、もうひとつのモヤモヤが解消されていません。



鹿児島に全く縁のないポコ太が、なんでこんなことを知っていたのか?



当時あしげく通っていた渋谷道玄坂のYAMAHAで聞いたのか?
とも思ったのですが、やはりそんな記憶はありません。

もし、この件が雑誌のレポート等に掲載されていたのを御存知の方は、
ぜひお教えください。

よろしくお願いいたします。







       yasuto さんには感謝をこめて、看板娘のサービスショットを。

































---------------------------------------







さて問題は次です。


[「RHYTHM RED TMN TOUR」開始時に予告された
「Kiss you」"タイプB" とはなんだったのか?]


これに関しては次のエントリーにまとめてありますが
この項目、長くなりますので先にお礼を言わせていただきます。
タクタウ さん
さとし さん
情報提供、ほんとうにありがとうございました。
また匿名による情報提供もたくさんいただきました。
改めて感謝申し上げます。





ですが、ここから先は 地獄の一丁目 です。
心臓の悪い方、妊娠中の方にはオススメできません。
あしからず。









          ・・・・・









…へっ、命知らずの野郎ばかり残ったようだな。
みんな、いい面構えしてやがるぜ。
じゃあ、いくぜ! ついてきなっ!



♫〜これまでのあらすじ

「RHYTHM RED TMN TOUR」開始時に発売された本の中で
宇都宮隆が「Kiss you」を2タイプ用意して日替わりで演奏するよ!
と宣言していました。
(これにすっかり翻弄されたポコ太のザマは、こちらのエントリーで…)

しかし実際に行なわれたツアーでは、タイプ違いと呼べるほどの演奏は確認出来ません。
いったい「Kiss you」"タイプB" とはなんだったのか?



これに対しコメント欄に タクタウ さんから
「1990年12月23日 名古屋センチュリーホール公演 4日目」の
「Kiss you」後半部がいつもと様子が違う
これが "タイプB" ではないか?との情報が寄せられました。

それに対し間髪入れず さとし さんから、
藤井徹貫氏によるツアードキュメント本
「TMN "RHYTHM RED" TOUR DOCUMENT」
当該ページに "タイプB” との表記があります。
と畳み掛けるような情報が!
ポコ太の胸は踊りました。



ではいよいよ「Kiss you」"Bタイプ" とは何か?
いつどこで演奏されたのか?

…という話に行く前に一言。









     こ・こ・か・ら・が・地・獄・だ









当時より藤井徹貫氏の文章が苦手だったため、
この四半世紀、氏の文章は避けて生きてきたポコ太ですが
さすがにここまで具体的な情報をいただきながら、読まないわけにはいかない。

というわけで、とてつもなく今更ですが徹貫氏に敬意を込めて
「TMN “EXPO" ストーリー」上下巻と3冊合わせ、一気に購入いたしました。





























早速「TMN "RHYTHM RED" TOUR DOCUMENT」の方から読み始めたのですが、
問題はここから。(以下、ページ等は全て大判本 初版)






♫〜♫〜♫〜

数ページ進んでから気づいたのです。
この本、結構時系列が交錯している…と。

中にはかなりのロングパスもあり、
例えば、2月27日大阪公演の項になって、1月26日松山公演の出来事が書かれていたりします。
そのためボーッと読んでいると、
あっという間に前後関係がこんがらがってしまいます。


『2014年の今になって、この本を舐め回すように読もうとする奴なんて俺だけだよなぁ』
との思いもあり、一旦読むの止め、
1公演ずつ順番に、時系列を整え直した表形式 にまとめることにしました。








        これが…その…えーっと…やめときゃよかった(号泣)








「~ DOCUMENT」という言葉から受ける資料的な印象とは裏腹に
曖昧な表現 が次から次へとポコ太に襲いかかります。

例えば、前振りなく突然『~は、この日も行われた』と書かれている場合、
では、いつから行われていたのか? 他に行われた日はいつなのか? 判りません。

読み物として楽しんでいる分には気にならないものの、
資料としてリスト化しようとすると、
あっという間に頭を抱える事態 になってしまいました。




さらに情報の中身についても 事実誤認を疑われる点 が散見され、
その確認、整理にはかなり手こずりました。


たとえば、12月11日新潟公演2日目の項目 (p.21) において、
前日の演奏時間が長大になったため、アンコール・ラストに演奏されていた
「GOOD MORNING YESTERDAY」をカット。
その結果「THE POINT OF LOVERS' NIGHT」がアンコール・ラストになった
と書かれていますが、ポコ太の調べた限りもともと新潟公演初日から
アンコール・ラストは「THE POINT OF LOVERS' NIGHT」でした。




また “午前十二時“ “午前十二時四十五分“ といった、あまり馴染みのない表現も…。
この表現、使うにしても普通は昼間のことを指すと思うのですが、 
文中では深夜の表現として使われています。








♫〜♫〜♫〜

さて、はじめに氏の文章が苦手と書きましたが、
実際に読み始めると、それ以上に頭を悩ませたことがあります。
ポコ太の購入したのは初版本だったのですが、そのせいでしょうか?
あまりにも誤字脱字が多い。



   ↓ たったこれだけのスペースに、
4箇所も誤植があるってどういうことだよ?!








































RHYTHM RED TOUR → RHITHM RED TOUR (p.97) とか
→ 小 (p.173) とかは
まだ本来の意味が推測できる分、不問といたしますが
(それでも主役を間違えるのはひどいと思いますが 
 “数字" や "てにをは" の誤植に至っては、それが誤植なのかどうかも判断がつきません。

日付の場合は前後関係から気付くこともあるのですが
 (例 p.150/2月17日と19日の間の移動日が20日と記載されている) 
助詞が誤植だった場合は、よっぽど変な表現でない限り お手上げ です。


それこそ『Aさん "に" 言った』と『Aさん "が" 言った』など、
場合によっては意味が正反対になってしまうこともあるわけで、
これが先の曖昧表現や事実誤認と組み合わさると
あっという間に足元が揺らぎ、
ポコ太は 疑心暗鬼という名の底なし沼 で、もがき苦しむ事態となりました。



  (注)全然関係ない話で恐縮ですが、2006年1月15日に放送された
     「仮面ライダー響鬼・四十七之巻」のOPにて、
     主役の細川茂樹氏をクレジットし忘れる、という放送事故を思い出しました。
     (当然、DVDでは修正されています)







ちなみに番外編としてこんなのもありました。
とりあえず、ざっと書いて後で埋めようと思いつつ、
そのまま印刷にまわってしまったんでしょうね。














































♫〜♫〜♫〜

前回から更新が滞った理由は、全てここにあります。
このリスト化作業、実は 2回挫折しました。


しかし、この本を読み切らないと「Kiss you」"タイプB" に関するまとめは出来ず、
情報をいただいておきながら、お礼のエントリーも出来ない。
それだけは許されない。
立てっ!立つんだっ ポコ太!!

この一念で(もうほとんど意地でしたが)やり遂げました!!





しかし、最大の試練は完成後に訪れる のです。


その試練とは ↓ これ。

苦労してやり終えたのに、
その成果をお見せするわけにいかない。



いくら再構築したからといって、情報の中身は藤井氏の著作物ですので
ネット上に公開するわけにいきません。
こんなに苦労したのに誰にも見せられないなんて…ウウぅぅ。・゜・(ノД`)・゜・。

(チラっとさわりだけ。これ以外にも別表が2枚あります)
クリックで大きくなります。















というわけで、ここまで完全に 自業自得によるグチ であり、
お付き合いいただいた方々、大変失礼いたしました。

しかしわずかではありますが、非常に重要な情報も得られました。
これは現在進行中の「コロシアムを暴け!」などの企画を通して
必ず皆様のお役に立つ日が来る!と信じております。







---------------------------------------







というわけで、次のエントリーはいよいよ
「RHYTHM RED TMN TOUR」における
「Kiss you」"タイプB” とはなんだったのか?のレポートです。

先のドキュメント本には全くふれられていない
もうひとつの "タイプB”
も紹介いたしますのでお楽しみに。


んじゃ、To be continued !